艇庫ブログ

こんにちは!2年生漕手の佐藤舟作です。

インカレのクルー、決まりましたね。初のインカレ、僕は2×で出ることになりました。


正直な気持ちを言うと、対校グループに入りたかったし、もっと上位クルーになりたかったです。

5月にあんな怪我をしなければもっと上に行けたんじゃないかな、と今でも心の片隅で思ってしまいます。

でも、練習とは関係のない日常の中であんな怪我をすることも自分の実力というか自分が招いたことですし、復帰後に体力が落ちたとはいっても、もっと地力が備わっていれば、エルゴも回せたと思います。

結局、現状は全て自分の実力です。非常に悔しいですが、この事実、結果を真摯に受け止め、新人戦、来年のインカレは絶対になんとしてでも対校クルーになります。


そんな2×でインカレに出ることになった僕ですが、今は非常に燃えています。なぜなら、多賀さんと一緒にインカレに出れることになったからです。

まず先輩と乗らなきゃ成長できないとずっと思っていたので、それを叶えられて嬉しいです。

そして、今回のインカレは多賀さんにとっての最後のインカレです。だから、花道を飾るためにも、なんとしてでもいい結果(最終日進出)を残したい。

しかし、まだ乗艇は3回ほどしか行っていませんが、さっそく自分の下手くそさを痛感させられています。

自分がいかに適当な練習をしてきたのか、下手くそな漕ぎをしているのかを認識することは、とても辛いです。でも、このタイミングでそれを認識できたのは、良かったと思っています。

多賀さんは必死に僕のことを上達させようと、熱心に色んなことを教え、指導してくれています。

インカレまで残された時間は、あと1ヶ月弱しかありません。飛躍的な成長を自分が遂げ、動きをシンクロさせ、今よりもはるかに艇速を伸ばさなければ、絶対に最終日には行けない。

本当にそんな成長を遂げることができるのか、正直不安しかありません。

でも、多賀さんのために、そして自分のために、なんとしてでも成長してやります。うまくなってやります。

本当にそうなれるのか怖いから、何をしたら正解なのかはわからないけれど、できる準備は全部してやろうと思います。


「9/3の最終日に2人でレースに出る。」
そのためにこの1ヶ月の全てを費やします。


2017/08/01 (火) 13:49 | -
trackbacks(0) | comments(0)
みなさんこんにちは、三年漕手の荻野です。

最近エルゴが恐怖マシンにしか見えません。きっと何百年後かに博物館で「これは21世紀の拷問器具である」みたいに展示されるんでしょう。心が折れないように意識高そうな文章投稿しまーーす。

さて、先日オープンキャンパスがあってゼミの紹介したり高校の後輩の前でプチ講演したりしてきました。彼ら2000年生まれとかなんですね、若い。夢と希望でいっぱいって感じでした。

話した高校生はみんな真面目でいい子ちゃん達でした。先生の言う通りに行動して、勉強して。たぶん自分も高校時代あんな感じでしたね。以下武勇伝。

・旅行にも欠かさず単語帳持参して家族に嫌な顔される
・14時間以上の勉強で頭がフラフラになり会話が成立しなくなる。何日間か痴呆と呼ばれる
・気分転換にディズニー行って深夜に帰宅するも謎の不安で寝付けなくて勉強
・タワー・オブ・テラーで撮った写真、片手で単語帳持ってる


けど、そんだけやっても目標に届かなかったわけで。たぶん自分は「真面目に努力すれば結果がついてくる」ことのアンチテーゼとして生きていくんだと思ったりもしました。冴えない人生だなぁと思うこともありました。

そういう意味では真面目って言われるのはあまり好きになれなかった。


ボートは早く進める理論が確かにあって、それに向かって努力すればある程度のところまでたどり着くと信じています。けれど、最終的に結果を左右するのはもっと違う次元の何かな気もします。真面目にコツコツやって、その上でその何かを掴まなければならない。

モチベーションを上げる理論をあんなに知ってる経営学の教授があんなに眠たくて出席率の低い講義を行うはずないし、ファイナンスの教授は教授なんかさっさとやめて投資だけしてれば金持ちになれるはずだし。

院生の先輩や強いチームにはそういう何かを感じます。特にここ何週間は先輩と乗る機会があって色々と刺激を頂きました。私もそうなりたい。

結果が全てとは思いませんが、そういうことは引退してから振り返ればいい。今は全力で突っ走ります。

まとまりませんが以上!
インカレ頑張りましょう。


2017/07/30 (日) 19:39 | -
trackbacks(0) | comments(0)
皆さんこんばんは。
M2の齋藤です。

最近ロードバイクを購入しまして、たまにですが練習として乗っています。
先日は100キロ乗って結構がんばったなーと思ったのですが、自転車乗りにとっては100キロ200キロは散歩レベルらしいです笑
蔵王エコーラインの入り口まで行って帰ってきたのですが、道中は森や田んぼに囲まれ、なんだか感動してしまいました。

さて、私はボートを始めるまでは水泳や陸上、自転車、もちろんボートも、タイムを競う競技は好きではありませんでした。単純に地味で、ゲーム性が無いからです。
テニスやサッカーなどのスポーツに比べれば、戦略性は低いですよね。
これは今でもそう思ってます。
でも、私がここまで続けてきたのは、スピードを競う競技の魅力として、世界中どこの人とも同じ土俵で比較する事が出来るという事があるからです。
たとえばテニスだと、世界ランク1位の選手のプレーはネットで見る事が出来ますし、何となくすごいなーという事は分かります。しかし、じゃあ今の自分とどこにどれだけの差があるのかと言うのはあまり分かりません。試合の相手もトッププレーヤーで、その2人の差でしかわからないからです。
でも、ボートは、エルゴは世界中どこで漕いでも同じで数字ででますし、レースもコンディションにもよりますが大体の差は分かります。
世界のトップとの差が分かると言うのは、果てし無い差はありますが、非常に面白く感じます。

自転車はまた別の魅力があって、通ったことの無い道を通った時のワクワク感です。この先にはどんな道があるんだろうとか、まあ坂がどこまでも続いている時はそれはそれで辛いんですけど、振り返ればこんなに登ったんだと思うと、達成感があります。

いろんな競技をやってみると、世界が広がりますね。
まだ何が面白いのかわからなくても、ボートは面白いです。ボート部としての、ボート以外の事にとらわれるのではなく、ボートに向き合って欲しいですね。

あ、インカレはエイトに乗ります。

では。


2017/07/28 (金) 20:59 | -
trackbacks(0) | comments(2)

最近私の中で話題の30on15offの練習について簡単に書きます。


ラストセットのrestを入れなければ計25minで終わるノットオンリー最速バットオールソーイカれたメニューである。


新しいやり方が提示され昨日初めてやりましたが非常に過酷であった。


1セット目を引き始めると25minの時間は止まってくれない。思わずBLEACHの名場面と重なりました。主人公一護のカリスマ性が見られる場面

夜一「ただ前に進む(ひたすら速く、強く押し込む)のみ、それができるやつだけ着いてこい・・・負ければ(始まれば)二度とここ(安息の時)へは戻れぬぞ」注:マンガ中の台詞と()はエルゴに関する、以下同じ

一護「勝ちゃ(クレイジーになりゃ)いいだけの話だろ」


まあ、それが難しい。


コーチの求めるやり方は理想的すぎると主張しましたが、マンガのキャラはそれ可能にできるんですよね、うえきの法則の中ボス、ロベルト。彼の能力は「理想を現実に変える力」

チートですね、ずるい


一護やロベルトのようにはいきませんが精一杯がんばります


大畑政人



2017/07/26 (水) 21:53 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんにちは。
2年漕手の南波です。

先日国体の北海道予選に自費で参加してきました。
東北大だけではメンバーが揃わず、連絡を取り合って同志社大学2年漕手の大谷くんと北海道大学3年舵手の毛利さんと混成クルーを作って参加しました。

結果は北大医学部に負けるという心の底から悔しい結果に終わりました。
自費で挑んだために愛媛本戦出場というリターンがないのはほんとうに悔しいし、親にも金銭面で多大な迷惑をかけたので、絶望感が物凄かったです。


本戦出場はできず悔しかったのはもちろんですが、得るものももちろんありました。
他大の方とクルーを組むのは初めてだったのですがその中で色々なことを学べました。


東北大学というチームの中だけで漕いでいると自分たちに癖なんかないだろうと思ってしまいがちですが、やはり他大の人と乗ると、「あ、漕ぎが全然違うな」という感覚が強くありました。うちはどちらかというとキャッチ中心の漕ぎ(あくまで二年男子だけかもしれませんが)ですが、同志社大学の大谷くんは「掴んだ水をフィニッシュで飛ばす」というイメージで漕いでるそうです。





また、同志社大学は現在部員数が100を超える大所帯だそうで、とても楽しそうだなーと話を聞いてて思いました。


ここで考えたのが、新歓で50人とかそれ以上の人数を入部させるにはどのようなアプローチをすべきなのかということです。
人数が多ければそれだけフィジカルの強そうな人もいるだろうし、競争も生まれるだろうしで、いいことばかりだと思います。


まだまだ来年の新歓期には時間がありますが、勧誘の方法を研究したり、それを発信したりして、大所帯のチームに出来たらなあと思いました。


話が整理できず理解しづらい文章だったかも知れませんが、新歓はやっぱり大事なんだなと強く思いました。

以上


2017/07/24 (月) 19:06 | -
trackbacks(0) | comments(0)
「マッドネスモンスター」
この世には、見れば本能的に「あっこれやばいな」みたいなやつが存在する。

こんなにたくさんですか




いわずもがなやばいやつら
そして、そんなモンスターエンジンに関して喜びを感じ種族がいた。
彼らは極限に生き、極限を愛し、極限に愛されたもの



ゴリラ豆知識:ゴリラを甘く見ると死ぬ

モンスターエンジンに挑み続け、もがきひたすらに耐え忍ぶ。そして、悦をもぎ取り、歓喜する。
歓喜、狂喜、またもやさらなるモンスターエンジンを求め、そして生み出すものまでいた。
人間の歴史35億(嘘、調べてね)。
現代にもその姿勢を変わらずに日々進化していく生きる化石。 歴史家は彼らのことを「マッドネスモンスター」と呼んだ。
ちなみに、4年生にもマッドネスモンスターはいる。
彼も愛に飢えたマッドネスモンスターなのだろう。

これ以降の文章にはヌマクローが出てきます。
ヌマクローを知らない方はブラウザバックして調べてから見てください
また、ヌマクローに耐性のない方、そういう系が得意でない方は、これ以降の閲覧は自己責任でお願いします。


現在の喜多です。

はい、相も変わらずに元気でございます
はい、頑張ります。
皆様もヌマクローちゃん100%で頑張っていきましょう


ちなみに前説のマッド(mad)とヌマクローのマッド(mud)を合わせたのは 10分の通学時間で考えたネタでは起こりえない副産物であった。
まさに確信犯、知能犯、いやいやいや
いつだってその場しのぎのネタ


2017/07/20 (木) 20:21 | -
trackbacks(0) | comments(2)
お疲れ様です。
四年目の松田です。

福井で国体予選を戦ってきました!
残念ながら本戦に出場することは出来ませんでしたが、違う団体の方とレースに出漕するのは初めての経験でしたし、東北大学とはまた違った視点からボートを漕ぐことができました。


さて、話は変わりますが、僕はイチロー選手が大好きです。イチローの背番号51が僕の誕生日と重なってて勝手に親近感を感じていることも理由の一つですが、世界の第一線で43歳という年齢の中、日本人が活躍し、偉大な記録を刻み続ける姿にいつも勇気をもらっています。
そんなイチロー選手の凄さを少し紹介したいと思います。

イチローはメジャーとしては非常に遅い年齢のデビューながらも走攻守すべての面での数多くの記録により将来の野球殿堂入りが確実視されている選手です。中でも、取り立ててすごい記録は2004年に達成した大リーグシーズン安打記録更新と去年達成したプロの通算安打世界記録更新だと思います。
前者は84年間不滅であったいわゆるアンタッチャブルレコード(将来的に塗り替えられることのないだろう記録)を更新した歴史的快挙であり、投手有利と言われている球場をホームとして達成したことがこの記録をより輝かせています。
後者の記録の凄さは25年以上もの間大きな怪我をせず第一線で活躍し続け、一流の成績を残し続けたいうことです。きめ細かなストレッチと入念な準備をかかさず、常に最高の状態で試合に臨むイチローの高いプロフェショナル意識が成せた記録だと思います。
日米通算の記録と大リーグのみの記録を比べることが議論を呼んでいますが、日米通算であったとしても4300本以上の安打を積み重ねていることの偉大さは計り知れないですし、日本の通算安打記録が3085本であることからもどれだけ卓越した記録かが分かります。(メジャーだけでもイチローは現在までに3055本の安打を放っており、これはアメリカ人以外の選手のメジャー記録です。)

そんなイチロー選手はこんな言葉を残しています。
『僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです』
偉大な結果を成す人というのは結局は絶え間ない努力と途方も無い思考を重ねた人なんだと分かる言葉です。競技は違いますが一流のアスリートに近づくために僕達も少しでもその境地に近づくことが大事だと思います。

最後にもう一つ印象に残った言葉。

『ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道』


2017/07/16 (日) 21:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんにちは。2年小貫です。

私事ですが、最近さらに麻雀にはまっています。家でabemaTVでプロの対局を見たり、戦術本を読んだり、ネット麻雀をしたりなど、常に麻雀のことを考えているような状態です。

ただ一緒に打てる知り合いはほとんどいないので、打てる人、打ちたい人はぜひ声をかけてください。初心者にはルールも教えます。

麻雀は運と実力の両方が試されるゲームです。プロと素人が戦っても、運が良ければ素人が勝ててしまうこともあるように、実力者が必ずしも勝てるわけではない、というのも麻雀の面白さのひとつです。
また、手作りや押し引きなど、プレイヤーによって大きく個性が分かれるのも見ていて楽しい所ですね。

ここで、このコラムを紹介します。
https://www.cyberagent.co.jp/features/detail/id=12873
サイバーエージェント社長の藤田晋は2014年最強位になった後、日本シリーズ、RTDリーグ2位など競技麻雀においてプロ顔負けの活躍をしています。

競技麻雀、すごく熱いですね!


麻雀で大事だと言われているのが、理不尽を受け入れることです。言い換えると、完璧を求めすぎない、自分の力で全て何とかしようとしないということでしょうか。

タンピン三色のリャンメン先制リーチも、ドラ単騎の追っかけにあっさり振り込むこともあります。格下の相手に連続でラスを引くこともあります。要はどんなに頑張っても負けるときは負けるっていう事です。

完璧な結果を求めすぎると、自分の力が及ばないものにぶつかった時、努力や環境を責めたりして、メンタルを崩したりしがちです。

そこでメンタルを崩したり、自分のフォームを変えたりしたらもっと悪いことになるのは明白ですね。負けた時は一気に取り返そうとせず、自分の信念を貫いて、少しずつ取り返すべきです。

ミスは反省しつつも、切り替えて次は、という心構えが重要です。

人事を尽くして天命を待つと言いますが、自分にできるのは自分が少しでも強くなる努力だけです。あとは神の見えざる手に委ねるのみですね。

誰しも、調子がいい悪いはありますし、精神的に不安定な日もあります。
一回の結果に左右されず、長い目で見ていきましょう。


今日も頑張れるし、次もその次も頑張れる、というバランスでトレーニングしていけたら、ボートも長く楽しめるのではないでしょうか(^-^)


余談ですが、麻雀は忍耐もめちゃくちゃ大事なゲームです。高打点の手牌をオリることも、危険牌を切ることもあり、我慢の連続です。
「洗面器から最後まで顔を上げなかったものが勝つ」という言葉もあるくらいです。

僕は麻雀でボートに役立つ鉄メンタルを作っていきます。


2017/07/14 (金) 21:21 | -
trackbacks(0) | comments(0)

こんばんは。二年生の堀池です。

ばりばりの理系なので、なにをするにも理由が欲しくなります。理由がないとやってられません。

なんのために仕事をするのか?
答えは様々だと思います。
人の役に立つため、お金を稼ぐため、国に必要なことだから…

・人の役に立つため
例えばお医者さん。患者さんの病気、怪我を治す。
例えば消防士さん。火事に立ち向かい、火を消す、救助する。

私も将来、人工心臓などの医療ロボットを作って、「人の役に立つため」に仕事をしたいです。


・お金を稼ぐため
私の父は毎日会社に行って、仕事をして、家に帰ってきます。私の家族が生活できるのは、父がお金を稼いでくれるからです。

友達はアルバイトで貯めたお金で旅行に行ったり、飲み会したり、自分のためにお金を稼ぎます。
もちろん私の父も自分の趣味(自転車、日曜大工など)に稼いだお金を使います。


・国に必要なことだから
例えば国会議員。日本の財政や政策を話し合い、住みやすい環境を作ってくれます。
例えば先生。新しい世代に知識、能力を引き継ぎ、将来大人になるうえで必要なことを教えてくれます。


仕事をするのには何かしらの理由があります。
仕事は続ける"意味"があります。



趣味はどうでしょう?

なんのために趣味を持つのか?

楽しいから?好きだから?

なんで?って言われると、私は答えられません。でも好きなことだからずっとやっていても飽きないし、ずっと楽しい。趣味は楽しいものだと思ってます。

とある大人の人にこんな話をしてもらいました。

「趣味が長続きするのは、好きな事だから、と言う面だけでなく、無理にやる必要がないから」

私は趣味は自分が好きなことだから、ずっとやっていられるものだ。とばかり思っていましたが、こういう一面もあるのだなと思いました。


仕事が嫌になることがある。それでも仕事はやらなければならない。そんなときに助けてくれるのは、趣味だと思います。心を癒してくれるものがあるから、リフレッシュできるから、また頑張ろうという気持ちになれます。

趣味は別になくてはならないものではないのですが、必要なものです。


さて、前置きが長くなりました。

ばりばり理系の私が、理由を見出せなくなりました。ばりばりの理系だから、理由がないとやってられないんです。明確な理由がほしい。

今私は理由を探しています。暗い暗いトンネルを手さぐりで色々探しています。失敗もたくさんしています。うしろめたい。自分が嫌になる。あれもこれもやらなきゃで、キャパオーバーになる、それでも捨てられるものも、捨てる場所もない。
足かせが邪魔だったから、外して荷物も置いてみたりもした。
周りに助けを求めたら、居場所があるよって教えてくれた。それでもつけたらまたさらにキャパオーバー。

探しても探しても分からなくて、ついに自分を見失いました。

なにをしなきゃいけないのか、なんのために生きてるのか、分からなくなっちゃいました。
解決策を立てても、どれも正解にたどり着くビジョンが見えません。

今は息抜きもできないので、本当にどうしようか分かりません。趣味がほしい。

試験の答案用紙だったら、間違いに気づいたら一から見直しして解き直して正解にたどり着くことができるけど、人生はそうはいきません。
今すぐくしゃくしゃに丸めてゴミ箱に捨てたい。

人生にこれといった正解はないことは分かってますが、振り返ったときに「これでよかったな」と思えるようにはなりたいです。

このまま進んでそう思えるかな。


2017/07/12 (水) 21:00 | -
trackbacks(0) | comments(0)

お疲れ様です。4年生漕手の小湊です。
一日遅れの投稿失礼します。


あまり書くことが思いつきませんが、とりあえず何か書くことが大切だと思うので、ダラダラ書きます。


先日、僕には悲しい出来事がありました。二年生の教室に潜り込んで受講してきた教養科目の落単です。実に呆気ない終わり方でした。どうせ落ちゆく単位なら、最初から履修しなかった方が良かったのではないかとも思ってしまいましたが、そんなことを考えても今の自分には無意味です。寧ろこれをプラスに変えて、これからどうするかを考えた方が有意義なのです。


今セメスターは残り一ヶ月しかありません。自分ができることは、これから来たる他のテストや院試を突破すべく努力することだけです。何事も日々の積み重ねだと思います。すぐに変われるわけではありませんが、目標がなければ変われません。残り一ヶ月だからこそ、僕は「これまで」ではなく「これから」を大事にしていきたいです。それらが全て終わったら、手元に残ったものを確認し、それまでの取り組みを評価して、後悔するなりすれば良いと思うのです。言っちゃえば「終わったことはしょーがない。よし、次いこう。」ということになります。残り単位数は44です。「同期では、僕と理系の一人が留年しそうです。」と知恵袋に投稿していた多賀と一緒に頑張ります。


余談ですが、今日の講義で教授が「理学部の勉強は社会に出てからあまり役には立たない。院生になれば少しだけ分かる研究の楽しさのために、学部生の間はずっと耐えて知識を蓄えなければならない。そういった意味では我々は蝉です。」という旨のことを仰っていました。うろ覚えですが。ボートに関しても、最後の夏に飛べるようにこれから50日間地中で耐えていきます。


いろいろなフラグを立てたところで終わりにします。今週末の国体ブロック予選頑張ります。お疲れ様でした。



2017/07/11 (火) 21:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)
<< | 3/102PAGES | >>