艇庫ブログ

こんにちは。二年生の堀池です。

大会で休んでいた分のレポートや課題に追われてピンチです。授業ももともと分からない部分とかあって精一杯だったのに、授業休んで取り残されてピンチです。
シーズンが終わってやっとたくさん食べられると思ったら、食べる時間もお金も無いのが悲しい…

僕らが一年生の頃から一つの目標としていた新人戦があっさり終わってしまいました。1日目は悪くなかった。むしろなかなか良いレースができたと思っています。全日の決勝の佐々野さんの動画を参考にして、めちゃめちゃ叫んで、それで反応が思った以上によかったので、満足でした。選手からも良かったと言われて嬉しかったです。
2日目はみんな疲れていて勝負所で上げられず、勝てませんでした。悲しかったです。僕は減量くらいしか頑張っていなかったので、悔しいというよりは悲しかったです。よく分からないですが。

レース一週間前くらいに少しもめたことがあって、僕が爆弾を投下したら次の日の練習はすごく良い練習ができました。やっと調子でてきて、これなら行けるかもって思っていました。それでも長くは続かず、もとに戻ってしまいました。

誰だって波があるし、沈むことがあります。選手全員の波のピークを、最高潮のときをレース当日に持ってこられるような、そんなコックスになります。
これから僕は選手にエルゴとかウエイトを頑張らせるような働きかけをして、速いクルーを作ります。遅いクルー(レースで勝てないクルー)のボートには2度と乗りたくないので。

前までは完全に選手任せでしたが、僕もそういったことを頑張れるようになりたいです。

応援団の人が言っていました。
『勝ったら選手のおかげ。負けたら応援団のせい。』
僕もそういった強い精神を持てるように頑張りたいです。



*二年生に向けて一言
新人戦終わって、気が抜けたのか、張り詰めた糸が切れたのか、いろいろ思うことがあると思います。新人戦の結果がその代の最終成績だとかいろいろ言われて悲しく思うこともあると思います。新人戦で分かったことは、今までのままじゃ勝てないってことです。ラストスパートで爆上げする、12分とかで最後追い込むこととかを怠ってたからこの結果になりました。僕も上げさせる練習を怠ってました。
このまま他の大学と同じペースで練習しても結果は変えられません。早く追いつかないと。先輩方よりもっともっと努力しないと成績残せません。
ポテンシャルはあると思います。新人戦5位の神戸に並べ勝ったもん。
やるかやらないか、それだけです。ただし、やるなら今までよりもっと。
僕はレース終わって誰にも会いたくないとか思ってましたが、いざ会ってみると少しは楽しいです。だから早く来い。早く速くなってください。一緒に頑張りましょう。


2017/11/18 (土) 13:45 | -
trackbacks(0) | comments(1)
こんばんは、1年の坂本です。
新人選が終わりました。
今回僕は対校8+の3番として選んでもらい出場しました。正直言って自分は元気のある1年というわけではないし、ブレードワークが上手いわけでもなく、エルゴを化け物のように回すというわけでもありません。レースでもおそらく足を引っ張っていたと思います。先輩達の代の新人選で勝利に貢献できず、申し訳なく思います。

予選の時、前半からとばすという意識でレースに臨みました。結果は全体の6番目というタイムでゴールできました。自分の中のペース配分的にも2000で全てを出し切るというレースができたので全日本の倍くらい疲れた気がしましたが良かったと思います。組でも一橋などに競り勝ち、早稲田には負けたもののゴールした後に全日本の時よりも楽しかったと思えるレースでした。

そして敗復。予選のタイム的にも、そして最終日に行くためにも絶対に負けてはいけないレースだということは分かっていました。予選の時と同じようにいこうと思いレースに臨みました。しかしゴールまで体力がもちませんでした。自分の体力の無さを痛感しました。さらに横風が強かったということもあるとは思いますが、隣の仙台大学に少し抜かれたことにより焦ってしまいブレードワークも雑になってしまったように思います。今考えるとそういう時こそ冷静にならないといけないなと思います。結果は組で2着で最終日には行けませんでした。ゴールした後、もっと上手くできたんじゃないかという後悔が残りました。

今回の新人選は正直、後悔や悔しさしかないですけど、来年こそは絶対やってやるという気持ちにもなりました。

そのためにもこの冬、春で3、4日連続で2000を全力で漕いでも最後まで漕ぎきれる体力をつけます。そして来年は今いる1年みんなで決勝に行きます。

がんばります。

応援ありがとうございました。


2017/11/13 (月) 18:50 | -
trackbacks(0) | comments(0)
おはようございます。2年漕手の南波です。

新人選、終わりました。
予選タイム6位を出して、初めて最終日にいける!順位がつけられる!と意気込んでいたものの、敗復ではスタートからずっと勢いを保ったまま追いかけてくる仙台Bに根負けしてしまいました。応援してくださった皆様、期待に応えられず本当に申し訳ありません。

さて、今回の新人選を通して得たものが多くありましたが、その中でも1番欲しかったものが「レースでちゃんと漕ぎ切るイメージ」です。

組的には早稲田が早いだろうからタイムを出しに行こうと望んだ予選。
スタートで早稲田とはあまり差はつかない。両隣の一橋、同志社のトップボールが完全に見える!スタートで出たっ!勢いはウチの方がある!堀池の「蹴ろう!」でコンスタント入り、リズムは悪くない。
いつの間にか橋にかかってた、「オーバーレンジいこう!」少しリズムが重くなったか?一橋、同志社が少し近づいてくる。堀池のアドリブ「足蹴り3本!!」決まった!また一艇身ちょい出る、早稲田はもう視界にはいない。目の前のこいつらを置いていくことだけ考えよう。1000m「ミドルスパーーーーーーーーートッ!!」思いっきり力を込める、リズムが良くなった、漕ぎやすい!絶対お前らは追いつけない!このままいける!ラストスパートもしっかりレートは上がった!このまま攻め続けよう!残り100m、「ラスト10本、全部込めろ!!」凄い。気持ちいい!辛いのに気持ちいい!そのまま2位フィニッシュ!


早稲田には置いていかれたけど、ずっと追われ続けながらも足蹴りで離すといったレース展開。イベントの決まる感覚。今までのレースのようにコンスタント入りすぐに勢いがなくなるようなこともなく、バランスを崩してリズムが悪くなって何してるかわからないという感じもなかった。これがレースか!と思った瞬間。これが一番欲しかった。


敗復ではレースアップを上手く回せず、発艇台につけるのが2分前を過ぎて警告を食らい、完全に落ち着きがない状態。スタートで勢いはあるものの、コンスタントで漕ぎやすいリズムを作れず、仙台Bの猛攻で心がやられた。

整調がメンタルをやられたらクルー全部がダメになるのは分かってた。けど何も出来なかった。本当に申し訳ない。まずは自分が気持ちよく漕いで、それが後ろに伝わってみんなで気持ちよく漕ぐというレースがしたかった。

とりあえず新人選が終わってホッとしている。もうこのクルーでレースすることはないと思う。この冬で自分のフィジカル、技術にもっと磨きをかけて、自信をつける。モチベーションが高いうちにやれることは全てやっていく。まずは同期全員よりは当然のように強くなって、先輩方にも当たり前のように勝てるように、冬を成長の土台にする。最低でも部のトップにはなりたい。

レース後のモチベーションの高い状態なのでこんな感じに野心家っぽく書きましたが、これからの時期は気持ちを維持できるかが勝負なので、頑張ります。



戸田におこしくださった皆様、応援してくれた皆様、本当にありがとうございました。もっと強くなります。


2017/11/13 (月) 07:59 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんばんは〜
南波です。

最近モチベーションが非常に高くなってきています。
別に勝利への執念という方向のあれではないです。ただただ上手くなりたい強くなりたいと思う気持ちが大きくなってきました。
全日本で美緒ちゃんが銅メダルを取って、すげえなー羨ましいなーとは思いましたけどね。
新人選に向けてインカレ明けからずっと8 に乗って練習してきたので、最近は冬合宿とかで乗るであろう1×の練習でやりたいことを想像してグフグフ言ってます。

8 はもちろん早く進むし、低レートとかのがっつり掴んでる感じとかがたまらないのですが、1×はいい意味でも悪い意味でも全部自分自身で進めてる感じが好きです。

8 は、8人も乗ってるので自分が果たして艇速の足しになってるんだろうかとか、レース中の辛いところとかで今ちゃんと漕げてるのだろうかって疑問を持ってしまいます。

やりたいことをレースで表現出来ないことが常々あって、ほんとに勝ってるところの8 は全員がしっかり役割を果たし、全ストローク同じような動きが出来ているなあとYouTubeに上がってる動画とかを見て感じます。

早くその領域に行きてえ

ちゃんと漕げるのを前提として、エルゴや、更に上の技術を凌ぎ合うレースとかをやってみたいなとつくづく思います。

勝ちたいと思うのはいいことだと思うけど、現状の技術が脆弱な段階で喚いても仕方が無いのでさっさと上手くなろうと思います。そのための手段としての練習をもっともっと精密に、より丁寧に体に染み込ませる必要があると思います。

自分は勝ちたいとはまだ思うに至ってないけど、上手くなりたい、最低でもウチで1番上手くなって、強いところの8 にも入れるんじゃね?って言われるくらいになりたいです。

モチベーション高いのはいいけど維持するのが大変ですよね。死なないように頑張ります。

おわり


2017/11/01 (水) 21:27 | -
trackbacks(0) | comments(0)
どうも、2年目根本です。


暇過ぎるし眠くないし艇庫ブログ更新ないしであれなんで、適当に更新しようかなと思いましたHAHAHA


今日2限終わりくらいに80minをしようと思い、301に行きました。そこで田口大と佐藤舟が練習をしていたのですが、佐藤舟が流していたエルゴミュージックが気になり検索したところ、Rhythmic Toy Worldの「ファーストコール」という曲でした。その時はまあ普通にいい曲やんけ、と思っただけなのですが、家に帰りふとyoutubeを見たらMVがあり、気まぐれで見てみました。


内容はまあありがちな、それぞれのバンドメンバーが出会い、時には肩を抱き合い、時には喧嘩しながらも自分たちの夢に向かっていく、というものだったのでした。


とてもありがちで、普通で、特段珍しくない内容のはずなのに、MVを見た後、じーんと目頭を熱くしている自分がいてとてもキモかったです(u_u)


同じことに向かって一緒に何かをする仲間がいるってとても良きことなりと思いました。
しかしそれと同時に、同じ仲間だった人が仲間でなくなってしまう、離れていってしまうということは本当に寂しいことなんだな、とも感じました。


同じ部活に入ろうと思い、同じように汗や涙や鼻水を流しながら練習して、同じ釜の飯を食ったはずなのに。部活にかける想いの差はあれど、それが一瞬のことであれど、同じ時間を過ごしたはずなのに。いと寂しいです。


今更別にどうということはないですが、以前部を離れていった人が、他の団体に属し、そこでボート部についてネガティブなことを発信していた時には、怒りよりも悲しみが大きかったですねえ。そんなに思うことがあったんなら、相談して欲しかった。お前じゃ頼りになんねーよて思うなら他の同期や先輩でもいいから、話をして欲しかった。ボート部を人生の中の嫌な思い出の1つにはして欲しくなかった。途中で投げ出したお前がボート部の、ボートの何を知ってるんだ、という感情を抱かせないで欲しかった。そんなんすき焼きでネギとか白滝食っただけで、このすき焼きは不味いンゴ!て言ってるようなもんです、肉を食え肉を


人と人が会う確率というのは天文学的確率らしいですね。どっかのブログには時計のパーツを海に投げ入れて、それが波によって自然に元の時計に戻るような確率らしいって書いてありました、ホントかよ…


まあそんな確率でボート部で出会っちゃったんだから、できるなら皆で頑張っていきたいよおてことです。他人が存在することによって出てくる悩みや辛さは尽きないですが、それ以上のポジティブなことがある気がします。エイトだって一人が頑張っても進みません、9人の力でやっとこさ速くなります。選手だけでは強くなれません、ご飯を作ったり管理をしてくれるマネージャーのおかげで強くなれます。


袖振り合うも他生の縁といいますし、三蔵一行が天竺を目指すが如く、ボート部一行で頑張っていきましょ(c_c)


ねもつくん語り長スギィ!

P.S.他の人の艇庫ブログがよみたいですンゴ

以上


2017/10/19 (木) 21:21 | -
trackbacks(0) | comments(0)
2年漕手の南波です。

何故か知らんけど艇庫ブログ割出ないしつまらないので勝手に投稿しまーす

先日国体がありました。
国体、出たかったですねえ。
愛媛行きたかったですねえ。
北海道は関東とか東北みたいにブロック予選がないので穴場ではあるんですが、やはり県での選抜とか、ブロック予選を勝ち抜いてる人たちはその県のトップの選手なんだなとレース結果を見てしみじみ感じました。
自分の今の実力じゃあ到底本戦に出たところで敗復落ちしか出来ないですね。

釜房で漕いでると自分たちの漕ぎしか見れないのでなかなか上の世界を身近に感じないなあと思いました。人数も少ないしね。

ただ新日鐵住金の方々が遠征しに来てくださったり、戸田で合宿する機会は多くあるので、もっと活かさなきゃならないなあと強く感じました。

さてさて、一月も前の話になってしまいますが、インカレで対校8 に選んでいただきました。慶太郎さん小野さんに指導していただいたお陰で、かなり自分の中で成長を感じることが出来ました。
インカレ後のオフを挟んで久々に乗艇した時に、それまでとキャッチでの引っ掛かりがおおきく変わりました。引っ掛けようと意識しなくても勝手に引っかかってくれる、体重も乗っかる。あとはその引っ掛かりを強く押し出すところに集中して漕ぎを上達させよう。

今の新人選8 の練習はかなり雰囲気は良い。ただ実力は未熟。クルー内に正解を教えてくれる人がいないから、自分たちで正解を模索していかなければならない。
後ろのシートの人間に一切文句を言わせないくらい、上手く、正確に、動けるようにならなければ。


P.S.自転車はちゃんと鍵をかけよう!


2017/10/10 (火) 21:02 | -
trackbacks(0) | comments(0)

始めまして、工学部一年の廣瀬雄士です。この度は、ブログの更新が遅れてしまって本当に申し訳ありません。

 

この夏休みは、初めてスイープを漕いだり、初めてエイトを漕いだり、初めて戸田艇庫に行ったり、釜房艇庫にようやく自分のベットができたりと色々な出来事がありました。(ボート部の出来事だけですが(笑))

 

夏休みが終わって、二学期が始まろうとしています。二学期も週17コマある予定で、かなりみっちり詰まってます。空きコマにエルゴやら、自動車免許の学校やらをするつもりですがちゃんとやっていけるか心配です。しかも現役と合流し始めるのでトレーニングもどんどんきつくなっていくでしょう。

 

だけれども、それを上回る楽しさがあるから、そしてたくさんの仲間がいるからこそ僕はこの部活が大好きです。だからこの手の痛さもへっちゃらです。だって楽しいんだもの。朝四時起きしてもなんてことないです。だってやりがいがあるんだもの。ほとんど家に帰れなくてもそんなことはどうでもいいんです。だって日々が充実しているんだもの。

 

でも心配事だってあります。そんな生活を送っていても病まない精神力がほしいです。病まなければいいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病まなければいいな。(一部削除させて頂きました。この記事を読み、不快な思いをさせてしまった皆様に深くお詫び申し上げます。廣瀬雄士)病

 

 

 

あ、虹がきれいだ

 

 



2017/09/30 (土) 09:11 | -
trackbacks(0) | comments(0)

はじめまして。経済学部一年、漕手の松井壮汰です。廣瀬くんの順番の予定でしたが、とても忙しいようなので、先に書かせてもらいます。


とうとう夏休みも1週間をきってしまいました。振り返ってみると、ボートしかやってないように思います。高校時代に想像してた大学生活とまったく違いますね(笑)


さて、昨日ですが、縦割りコンパが私の家で開催されました。当初、7人で行われる予定でしたが、研究室やらバイトやらで、結局集まったのは4人でした(泣)少しさみしく思いましたが、コンパは思ったより盛り上がりました!たこ焼きパーティーに、人生ゲーム、マリオカートなどなど、夜遅くまで続きました。学年を超えた絆が深まった気がします。次回は7人全員で開催したいですね。


最後に、新人選まで残り少なくなってきましたが、いい結果が残せるように、高校時代の友人に負けないように、励んでいきたいと思います。次回のブログは、きっと廣瀬くんが書いてくれると思います。



2017/09/26 (火) 18:50 | -
trackbacks(0) | comments(0)
こんばんは。工学部建築・社会環境工学科新一年生の永井佑弥です。面白い浪人生です。これから宜しくお願いします。

まだ入部して間もない自分ではありますが、ボートが最近楽しいです。先輩からしたらまだまだだとは思いますが、試行錯誤しながら集中しつつ運動することは高校で吹奏楽をしていた僕からしたら、とても難しくそして新感覚なものです。だから乗艇は楽しいです。でも、エルゴは正直キライです。あの風の音を聞くだけで鳥肌が立ちますし、今日も練習中何度も「はやく帰りたい・・・」と思いました。終わったあとのやりきった感じは気持ち良いですが、それ以外は地獄です。それでもウチの1年のマネージャーはたまに勝手にエルゴを漕ぎ始めます。末恐ろしいですね。

そんな辛いことがあるとやはり気分転換みたいなものが必要になってきて。最近は料理にハマってます。艇庫にいればマネージャーの方々が作るクオリティの高い美味しい食事が食べられてホントに毎回美味しく頂いてますが、家に帰るとご飯を出してくれる人は誰もいません。マネージャーの存在をヒシヒシと感じる時ですね。そこで時間がある時は頑張って自分で作ってます。自分で野菜や肉を用意してレシピを調べ、調理しているとルンルンしてきます。一番最近作って美味しかったのはこちら。
タコとキャベツのペペロンチーノです。自分で言うのはなんですが、かなり美味しかったです。

面白い人として田中ちゃんから紹介されましたが、面白いこと何一つ言えなくてすみませんでした。次回は同じ浪人生の廣瀬くんです。


2017/09/22 (金) 19:42 | -
trackbacks(0) | comments(0)

 初めまして。工学部1年の田中修平です。よろしくお願いします。

 

 ボート部に入って5か月ほど経ちました。北大戦に向けたオデッセイでの練習や、沈が続出したシングルの練習(ある新トレのコーチからのキャッチの指導を受けるときには沈を覚悟しなければいけないとか…笑)をしてきましたが、夏休み?に入ってからはスイープの練習もしてきました。直近の合宿では初めてエイトでの練習もしました。揺れるし合わないし曲がるしで散々でしたが、天然なコックスのおかげで楽しく漕ぐことができました。

 エイトに関連して、僕が個人的にツボっていることがあるので紹介したいと思います。僕たちは「図南」という名前の艇で練習していたのですが、僕は「図南」の「図」の字を見るとなぜか頭に「図星」の2文字が浮かびます。なぜかはわかりません。よくわからないのですが浮かんできます。すると僕はこう錯覚します。

「あれ?艇の名前が『図星』?」

これがじわじわくるのです。共感してくれる人いませんかね笑

 それと、最近ついに一年生にベッドが支給されました。ただ、僕が部屋に戻ると僕のベッドにはタブレットでマリオカートの動画を見ている人がいます。そうです。Nさんです。はい笑

 

 こんな感じでいいのかわかりませんが、書くこともあんまりないのでそろそろ終わりにしたいと思います。

 次はたれ目のかわいい永井佑弥くんです。面白い人です。

 



2017/09/20 (水) 00:20 | -
trackbacks(0) | comments(0)
| 1/102PAGES | >>