艇庫ブログ

こんばんは。1年目漕手の佐藤大輝です。

3月12日(土)に、漕手の福岡(2)、多賀(2)、佐藤大(1)、マネージャーの廣瀬(2)の4名でH18年入学の赤木貴昭先輩、H22年入学の佐々野大輝先輩のもとに伺いました。

戸田艇庫からも近いイタリア料理のお店でピザやパスタなどをご馳走になりました。

この度のOB訪問は、現在も企業の漕艇部でご活躍を続けるおふたりとの対話や議論を通して互いにボートというスポーツ、集団で行う競技に対しての見解や携わりかたを見つめ直し、明日からの活動に活かす場にするという趣旨でお招きいただきました。

現役東北大漕艇部員としてのこの競技にかける情熱と、競技生活を通しての悩みをそれぞれ打ち明け、この競技の経験が豊富であるおふたりとともに、どう行動すべきかを考えるとても有意義な時間になりました。

個人的な話になりますが、赤木先輩はあと10日足らずに迫ったお花見レガッタに僕と同じシート(8+の7番)で出漕されるということで、誠に勝手ながらライバル意識を燃やさせていただいており、ご本人と対談ができ大変嬉しく感じています。お名前の漢字が同じである佐々野先輩にも僕の拙い考えをお褒めいただき、光栄に思いました。

この度は貴重な経験をありがとうございました。


(左から廣瀬、福岡、佐々野先輩、赤木先輩、佐藤大、多賀)

東北大漕艇部員として、オアズマンとして、これからもよろしくお願い致します。
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック