艇庫ブログ

こんばんは。
3年マネージャーの植杉亮介です。

この度は、S46入学の道信俊彦先輩のもとに、学生コーチの田原孟とともに伺いました。

場所は広島県の三原駅周辺。
1軒目は居酒屋で陶板焼きをメインとした豪華なコース料理をいただきました。
2軒目は落ち着いた雰囲気のお店で本場の広島風お好み焼きをごちそうになりました。

道信先輩は現在、広島大学漕艇部でヘッドコーチをされており、練習環境や漕艇理論など様々なお話を聞くことが出来ました。
広島大学でも東北大学と同じように、乗艇練習に車を使って通っているようで、地方大学にとって練習水域の確保は共通した課題なのだなと感じました。
また今年の東北大のレースをご覧になり、フォームについて指摘していただき、田原コーチと白熱した有意義な議論となりました。

道信先輩は本当に明るくて接しやすい方で、会話中は笑いが絶えず、僕の緊張をほぐしてくださいました。
今からは考えられないような、時代を感じる赤裸々な話も聞けてとても楽しかったです。
(内容は3人の間の秘密です。)

こちらの終電の時間となってしまったため、やむなく2軒でお別れとなってしまいましたが、もっと一緒にいたいと思わせてくれる素敵な方でした。
帰りの電車賃まで出してくださり何から何までお世話になりました。

最後は固い握手でお別れしました。
道信先輩、この度はお忙しい中本当にありがとうございました。
今後とも東北大学漕艇部への応援をよろしくお願いします!


写真右:道信俊彦先輩
写真左奥:田原孟
写真左手前:植杉亮介


東北大学漕艇部
3年生マネージャー 植杉亮介
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック