艇庫ブログ

こんにちは!
新四年目の細田です。

平成三年度入学の月生田努先輩と湯浅健先輩のもとへ、新四年目の五十嵐佳吾、里村静、細田夏光で伺いました。同期のみでOB訪問に伺うのは初めてで、最初からかなりリラックスでき、先輩方も優しくて、とても楽しい食事会になりました。

新宿から徒歩五分のところにある、木村屋本店という美味しいもつ鍋屋さんでご馳走になりました。
もつ鍋だけでなく、ポテトフライや唐揚げといった所謂ジャンクフードもたくさん食べさせていただき、食に飢えた部員達は終始笑顔で食べさせていただきました。

先輩方には昔の練習場所である貞山堀の話や入部に至った理由、女子部HCの松澤さんの入部当時の話(!)など、たくさんのお話を面白おかしく教えていただきました。

中でも、興味深かったのは自分の居場所についてでした。
自分が選んだ道が本当に正しいのか、本当に自分に合っているのかは誰にもわからない。
はじめ全く興味がなくて、それでも割り振られたことをやってみたら「自分の適性はここだった」と思うことがあるかもしれない。
最初から決めつけすぎず、まだまだ20代の君たち(部員)は、広い視野を持って、何事にも取り組みながら自分の居場所を見つけてほしい。

今、自分は研究室の選択に迷っており、先輩のお話はかなりタイムリーな話題でした。
やりたいことがよく分からず、どんな方向性に進めばいいのかも迷っていましたが、どこに配属されても、まずはやってみて、いつか『自分の居場所、自分の適正』を見つけられたらいいなと思います。
今回のOB訪問を通して、煮詰まっていた考えが少しほぐれたような気がします。

OB訪問の良いところは、ただただ募金をいただいて美味しいものが食べられるというだけではなく、『人生の』先輩方に社会での色々な話や、激励、応援をいただけることだと私は思っています。また、目上の方との交流の機会にもなり、自分の立ち振る舞いや、社会に出てから役立つコミュニケーションを学ぶ場にもなると思います。
OB、OGの皆様方にはこのような機会を毎年儲けていただけて、私達東北大漕艇部は本当に恵まれた環境にあるのだなと感じました。
今後とも、ぜひよろしくお願いいたします。

ちなみに、今回のOB訪問は2h飲み食べ放題でしたが、自分のペースで美味しく頂くことができ、終始笑顔の楽しく美味しい会でした。
これが自分にとっておそらく最後の春季OB訪問となりましたが、良い思い出となりました。




前列左から、里村、月生田さん、細田
後列左から、湯浅さん、五十嵐


最後に、重ね重ねではありますが、本当に美味しいもつ鍋でした。ご馳走様でした!
これからも東北大漕艇部をよろしくお願いいたします。

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック