艇庫ブログ

財務の若林です。
20日に昭和57年入学の石渡充先輩のもとに伺ってきました。
石渡先輩は歯科の開業医で、今回私は横浜の医院を訪問しました。

石渡先輩は1987年に男子ナックルフォアのコックスとして沖縄国体に出場なさっていて、昨年にあった付きフォア「海邦」寄贈の記念事業にも関わってくださりました。
最近は戸田や仙台にほとんど行けていないそうですが、釜房湖へは学生の頃に釣りに行ったことがあるそうです。
練習環境や部員の様子などは当時と今とは大分違うと思っていたのですが、共通点も多くありました。特に、些細なことで共通点があったときは嬉しくなりました。例えば先輩の現役時代でも皿洗いのジャンケンをしていたそうで、今でもたまに繰り広げられている皿洗いジャンケンはその頃からの伝統だということを知りました。ジャンケンの手はグー・チョキ・パーだけでなく、かなり戦略的だったそうです。
ちょうど休診の時間に伺ったので待合室でお話させていただいたのですが、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

最後に、おみやげということで横浜名物の甘栗をいただきました。

開封とともに群がる現役部員たち。美味しくいただきました!

今回は貴重なお仕事休みに訪問の機会を設けてくださりありがとうございました!
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック