艇庫ブログ

 
こんばんは、3年目漕手の田原です。

私は、昨日、帰省時OB訪問ということで、地元・広島にて道信俊彦さん(S46入学)に食事をご馳走して頂きました。

実は、私は、道信さんとは修道高校出身で、高校の先輩でもあるのです。
まさか、自分も東北のボート部でこんな大先輩に会えるとは、入部当初は、まったく考えていませんでした。
最近、部内で知名度を上げつつある修道高校ですが、おそらくその信頼を支えているのは、9割以上が道信さんで、私が1割未満であることは言うまでもありません。


今回のOB訪問では、1件目にステーキハウス・2件目に居酒屋でお酒を頂きました。
おいしかったです。


お店での、会話は主に普段の練習や漕ぎ方・理論の話など、かなり内容の濃い話が多かったと思います。
普段ではなかなか出来ないような新鮮な時間でした。



お店での、食事の後、なんと道信さんのご自宅でお酒を頂くことになりました。

そして、道信さんのご自宅でも、今年のインカレについてや、来年のクルーまた私個人のエルゴについてなど、主にボートの事で、夜中まで話を聞かせていただきました。

特に、個人的には、クラッチの外径の話は、とても印象に残っています。
他の部員にも聞かせてやりたかったです。



また、その日は終電に私が間に合わなくなってしまったので、道信さん宅に止めていただくことになりました。
道信さんは、急なことであったのですが、快く泊めて下さりました。
ありがとうございます。

しかし、そのおかげで道信さんのご自宅で遅くまで話ができたのは、私としては大変ありがたかったです。

また機会があれば色々伺ってみたいと思います。

道信さん、今回は何から何までありがとうございました!
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック