艇庫ブログ

 
第六回目の部員インタビューは、ボート部の秘密兵器!新三年目の小田に私、安本がインタビューしてまいりました!


今までの部員とはまた違った雰囲気を持つ漢です!

広島風お好み焼き(やきそば9玉入り)を喰らう小田

―オダ、今日はよろしく!さっそくやけど高校のとき部活は何かやってた?

 

中学高校と帰宅部です。 

 

 

―そんなオダがボート部に入ろうと思った理由は?

 

あんまり入部宣言した記憶はないんですけど・・バーベキューしていて気づいたら胴上げされていて笑 

え?みたいな。まあ、結果的には大正解だったんですけども。

 

 

―新トレ期間はどうやった?

 

きつかったですね。 単純に・・・運動してないただのピザだったので笑 2年ほど浪人してましたし。今より入学した時は10キロ以上太ってたんで。

でも、本気で辞めたいと思ったことはないですね。

それは・・・辞めたら今後も引きずるというか・・・。例えば社会人になって、戸田に来てここでボートやってたけど途中で辞めたと思いたくなかったんで。

まぁ、後は辞めてもネット以外することがないですし笑

 

 

―ボート競技ならではの面白さってどんなところやと思う?

 

僕が思うのは・・・他のスポーツに比べたらやった分だけ結果が出るのかなと。努力の占める割合が多いんじゃないかと思ってます。

だから真面目に受験勉強してきた東北大生には向いてるのではないかと・・・まあ僕は二浪しましたが笑

 

 

―ボートの難しいところ、しんどいところは?きつかった思い出はある?

 

だいたいです笑 基本的にそんなにうまくいかないんで。でも、そんなすぐうまくいっても面白くないのかな・・・とも思ったりもするので。 

 

 

―この東北大学ボート部の良いところってどこやと思う?

 

一度やると決めたらやるところですかね。めちゃくちゃなメニューでも。 

極端なことが好きなのかもしれないです僕は。ボート部って極端じゃないですか。でもそこがなんか良いんですよね。

 

 

―なるほど。オダはどういう後輩に入ってきてほしい?

 

練習頑張るやつです。タハラみたいな・・・いかにも非リアっぽくて不器用、彼女もいないけど練習は頑張る奴に入部してほしいです!

 

 

―そうか、かなり個人的な感情が入ってるな笑 ところでオダにとって同期ってどんな存在?

 

同期は・・・時々殴りたくなるというか、そのぐらい気の置けない仲ですね。やっぱり新トレから長い間一緒にやってきたんで。

 

 

―絆が芽生えてる?

 

そんな良いもんじゃないです!! そんなかみ合うわけでもないし、それほど仲がいいってわけでもないですし・・・。でもなんだかんだ大切というか、こいつらと勝ちたいなと思いますね。そういえば2年目の新人選の時もこんな感情でしたね。

 

 

―後輩はどうよ?

 

後輩は・・・負けられないという感じですね。最近個人的には高木大喜に期待してます。 あいつは練習を不器用ながらも頑張って速くなろうという気持ちが一緒に漕いでて伝わってくるところが好きですね。 こういう奴にまた入ってほしいですね。

 

 

―なるほどね。じゃあ、難しいかもしれんけど、オダにとってボートとは何?

 

自分を変えるようなものですかね。 俺は特に運動とかしてなくて、大学入ってからも何かしようと思ってなかった。でも・・・ボートを始めたことによって今まで逃げてきたことにも向き合ってるような気がします。

部屋の片付けとか、ボート以外のことでも今までめんどくさいと思ってたことも前よりできるようになりましたね。

 

 

―今シーズン、どんな1年にしたいですか?

 

今シーズン自分にとって勝負だと思ってます。一気に突き抜けるような成長をしたいです。生活・練習両面で後輩を引っ張れるようになります。 こいつダメだとは思われないようになりたいです。

 

 

―最後に、新入生の皆さんへメッセージよろしく!

 

僕はホントに運動してなくて2浪で、そんな奴でもやっていける部なので、不安とかもあるとは思いますが是非入部してください!

 

 

 

オダ忙しい中有難う!

 

ボート部にはオダのように運動経験がなかった部員もたくさんいます。ボートを始める理由も人それぞれです。

新入生の皆さんも先入観を持たず、勇気を出して一度試乗会に足を運んでください!

じゃないとインターネットだけの大学生活になってしまいますよ!

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック