艇庫ブログ

 高校時代もボート部であった青木(新3年目)にわたし、梅村がインタビューしました!


―この企画は新入生に部活の雰囲気などを身近に感じてもらえるために、現役部員にインタビューするものです。よろしくおねがいします!

よろしくおねがいします。

―青木は高校のときボート部だったけどそもそもなんでボートを選んだの?

そうですね、他に入りたい部活がなくて。先輩としゃべってたら入る流れに(笑)。それだけです。

―なんとなくだったんだ。で、大学でも続けたのは?

東北大を受けたのは全日のレースの映像をを見て。またボート漕ぎたいなぁって。ボート部に入るために東北大に来ました。

―じゃあ新歓期間に他の部活を見たりとかは?

他の部活は行ってなかったですね。


―今高校のときのボート部に比べてどう?

難しいな…。単純に合宿生活だから結構楽しいかな。
一人暮らしだから家帰んなくてもいいし、自由にいろいろできるのがいいなぁ。

―たしかにさみしくないよね(笑)。青木にとってボートの魅力ってなんだと思う?

がんばったら勝てるっていうか。自分が基本的に他のスポーツできないから(笑)。
ボートで初めて勝つことを知れたからそういう意味で好きかな。

―確かに新トレのときサッカー全然できてなかったね…。
(新トレ:ボート部に入ったらまず一年生がする練習)

そうそう。恥ずかしい(笑)

―ボート部生活で自分が成長できたことは何かある?

自分の体のこととか考えて食事したり、気を遣うようになった。自立したのかな。
なんだろな…バイソン(梅村)なにある?

―わたしはぱっと思いついたので基本的な生活習慣がついたかなーって思うかな。

たしかに(笑)。朝早く起きれるようになった!どんなに理不尽な時間に集合って言われても行けるようになった。

―さいごに新入生へメッセージをお願いします。

ボートはキツいスポーツだけど、大切な仲間がいっぱいできるし、合宿生活とかしていく中で自分自身成長できるから、
高校の頃やってたけどっていう人はちょっとでも迷っているんだったらイベントとかに足を運んでほしいなって思いますね。

ありがとうございました!
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック