艇庫ブログ

どうも、2年目根本です。


暇過ぎるし眠くないし艇庫ブログ更新ないしであれなんで、適当に更新しようかなと思いましたHAHAHA


今日2限終わりくらいに80minをしようと思い、301に行きました。そこで田口大と佐藤舟が練習をしていたのですが、佐藤舟が流していたエルゴミュージックが気になり検索したところ、Rhythmic Toy Worldの「ファーストコール」という曲でした。その時はまあ普通にいい曲やんけ、と思っただけなのですが、家に帰りふとyoutubeを見たらMVがあり、気まぐれで見てみました。


内容はまあありがちな、それぞれのバンドメンバーが出会い、時には肩を抱き合い、時には喧嘩しながらも自分たちの夢に向かっていく、というものだったのでした。


とてもありがちで、普通で、特段珍しくない内容のはずなのに、MVを見た後、じーんと目頭を熱くしている自分がいてとてもキモかったです(u_u)


同じことに向かって一緒に何かをする仲間がいるってとても良きことなりと思いました。
しかしそれと同時に、同じ仲間だった人が仲間でなくなってしまう、離れていってしまうということは本当に寂しいことなんだな、とも感じました。


同じ部活に入ろうと思い、同じように汗や涙や鼻水を流しながら練習して、同じ釜の飯を食ったはずなのに。部活にかける想いの差はあれど、それが一瞬のことであれど、同じ時間を過ごしたはずなのに。いと寂しいです。


今更別にどうということはないですが、以前部を離れていった人が、他の団体に属し、そこでボート部についてネガティブなことを発信していた時には、怒りよりも悲しみが大きかったですねえ。そんなに思うことがあったんなら、相談して欲しかった。お前じゃ頼りになんねーよて思うなら他の同期や先輩でもいいから、話をして欲しかった。ボート部を人生の中の嫌な思い出の1つにはして欲しくなかった。途中で投げ出したお前がボート部の、ボートの何を知ってるんだ、という感情を抱かせないで欲しかった。そんなんすき焼きでネギとか白滝食っただけで、このすき焼きは不味いンゴ!て言ってるようなもんです、肉を食え肉を


人と人が会う確率というのは天文学的確率らしいですね。どっかのブログには時計のパーツを海に投げ入れて、それが波によって自然に元の時計に戻るような確率らしいって書いてありました、ホントかよ…


まあそんな確率でボート部で出会っちゃったんだから、できるなら皆で頑張っていきたいよおてことです。他人が存在することによって出てくる悩みや辛さは尽きないですが、それ以上のポジティブなことがある気がします。エイトだって一人が頑張っても進みません、9人の力でやっとこさ速くなります。選手だけでは強くなれません、ご飯を作ったり管理をしてくれるマネージャーのおかげで強くなれます。


袖振り合うも他生の縁といいますし、三蔵一行が天竺を目指すが如く、ボート部一行で頑張っていきましょ(c_c)


ねもつくん語り長スギィ!

P.S.他の人の艇庫ブログがよみたいですンゴ

以上


2017/10/19 (木) 21:21 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック