艇庫ブログ

最近私の中で話題の30on15offの練習について簡単に書きます。


ラストセットのrestを入れなければ計25minで終わるノットオンリー最速バットオールソーイカれたメニューである。


新しいやり方が提示され昨日初めてやりましたが非常に過酷であった。


1セット目を引き始めると25minの時間は止まってくれない。思わずBLEACHの名場面と重なりました。主人公一護のカリスマ性が見られる場面

夜一「ただ前に進む(ひたすら速く、強く押し込む)のみ、それができるやつだけ着いてこい・・・負ければ(始まれば)二度とここ(安息の時)へは戻れぬぞ」注:マンガ中の台詞と()はエルゴに関する、以下同じ

一護「勝ちゃ(クレイジーになりゃ)いいだけの話だろ」


まあ、それが難しい。


コーチの求めるやり方は理想的すぎると主張しましたが、マンガのキャラはそれ可能にできるんですよね、うえきの法則の中ボス、ロベルト。彼の能力は「理想を現実に変える力」

チートですね、ずるい


一護やロベルトのようにはいきませんが精一杯がんばります


大畑政人



2017/07/26 (水) 21:53 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック