艇庫ブログ

お疲れ様です。
四年目の松田です。

福井で国体予選を戦ってきました!
残念ながら本戦に出場することは出来ませんでしたが、違う団体の方とレースに出漕するのは初めての経験でしたし、東北大学とはまた違った視点からボートを漕ぐことができました。


さて、話は変わりますが、僕はイチロー選手が大好きです。イチローの背番号51が僕の誕生日と重なってて勝手に親近感を感じていることも理由の一つですが、世界の第一線で43歳という年齢の中、日本人が活躍し、偉大な記録を刻み続ける姿にいつも勇気をもらっています。
そんなイチロー選手の凄さを少し紹介したいと思います。

イチローはメジャーとしては非常に遅い年齢のデビューながらも走攻守すべての面での数多くの記録により将来の野球殿堂入りが確実視されている選手です。中でも、取り立ててすごい記録は2004年に達成した大リーグシーズン安打記録更新と去年達成したプロの通算安打世界記録更新だと思います。
前者は84年間不滅であったいわゆるアンタッチャブルレコード(将来的に塗り替えられることのないだろう記録)を更新した歴史的快挙であり、投手有利と言われている球場をホームとして達成したことがこの記録をより輝かせています。
後者の記録の凄さは25年以上もの間大きな怪我をせず第一線で活躍し続け、一流の成績を残し続けたいうことです。きめ細かなストレッチと入念な準備をかかさず、常に最高の状態で試合に臨むイチローの高いプロフェショナル意識が成せた記録だと思います。
日米通算の記録と大リーグのみの記録を比べることが議論を呼んでいますが、日米通算であったとしても4300本以上の安打を積み重ねていることの偉大さは計り知れないですし、日本の通算安打記録が3085本であることからもどれだけ卓越した記録かが分かります。(メジャーだけでもイチローは現在までに3055本の安打を放っており、これはアメリカ人以外の選手のメジャー記録です。)

そんなイチロー選手はこんな言葉を残しています。
『僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです』
偉大な結果を成す人というのは結局は絶え間ない努力と途方も無い思考を重ねた人なんだと分かる言葉です。競技は違いますが一流のアスリートに近づくために僕達も少しでもその境地に近づくことが大事だと思います。

最後にもう一つ印象に残った言葉。

『ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道』


2017/07/16 (日) 21:55 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック