艇庫ブログ

こんにちは。2年小貫です。

私事ですが、最近さらに麻雀にはまっています。家でabemaTVでプロの対局を見たり、戦術本を読んだり、ネット麻雀をしたりなど、常に麻雀のことを考えているような状態です。

ただ一緒に打てる知り合いはほとんどいないので、打てる人、打ちたい人はぜひ声をかけてください。初心者にはルールも教えます。

麻雀は運と実力の両方が試されるゲームです。プロと素人が戦っても、運が良ければ素人が勝ててしまうこともあるように、実力者が必ずしも勝てるわけではない、というのも麻雀の面白さのひとつです。
また、手作りや押し引きなど、プレイヤーによって大きく個性が分かれるのも見ていて楽しい所ですね。

ここで、このコラムを紹介します。
https://www.cyberagent.co.jp/features/detail/id=12873
サイバーエージェント社長の藤田晋は2014年最強位になった後、日本シリーズ、RTDリーグ2位など競技麻雀においてプロ顔負けの活躍をしています。

競技麻雀、すごく熱いですね!


麻雀で大事だと言われているのが、理不尽を受け入れることです。言い換えると、完璧を求めすぎない、自分の力で全て何とかしようとしないということでしょうか。

タンピン三色のリャンメン先制リーチも、ドラ単騎の追っかけにあっさり振り込むこともあります。格下の相手に連続でラスを引くこともあります。要はどんなに頑張っても負けるときは負けるっていう事です。

完璧な結果を求めすぎると、自分の力が及ばないものにぶつかった時、努力や環境を責めたりして、メンタルを崩したりしがちです。

そこでメンタルを崩したり、自分のフォームを変えたりしたらもっと悪いことになるのは明白ですね。負けた時は一気に取り返そうとせず、自分の信念を貫いて、少しずつ取り返すべきです。

ミスは反省しつつも、切り替えて次は、という心構えが重要です。

人事を尽くして天命を待つと言いますが、自分にできるのは自分が少しでも強くなる努力だけです。あとは神の見えざる手に委ねるのみですね。

誰しも、調子がいい悪いはありますし、精神的に不安定な日もあります。
一回の結果に左右されず、長い目で見ていきましょう。


今日も頑張れるし、次もその次も頑張れる、というバランスでトレーニングしていけたら、ボートも長く楽しめるのではないでしょうか(^-^)


余談ですが、麻雀は忍耐もめちゃくちゃ大事なゲームです。高打点の手牌をオリることも、危険牌を切ることもあり、我慢の連続です。
「洗面器から最後まで顔を上げなかったものが勝つ」という言葉もあるくらいです。

僕は麻雀でボートに役立つ鉄メンタルを作っていきます。


2017/07/14 (金) 21:21 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック