艇庫ブログ

艇庫ブログをご覧の皆様こんにちは。新三年生漕手の荻野です。


今日は入学式! ということで本格的に新歓が始まりました。


僕は超絶怒涛のコミュ症ボーイなので2年目の新歓でも緊張しちゃいますねー。


そういえば、去年マーケティング営業という授業をとっていました。保険会社のトップセールスマンが営業の秘訣を伝授するみたいな授業で面白かったです。


新歓でも使えそうなことを話してくれていたのでちょっとまとめてみたいと思います。


1.みんなやってるよ!
これは昔から言われているテクニックですね。自分だけじゃないと思わせるだけでだいぶ不安が減るものです。

2.小さなイエスを積み重ねて目的のイエスを導く
これも有名なテクニックらしいです。何度も承認させることで断りにくくなったり、この人とは相性が合うなと思わせることができます。

3.断られた後に本命のお願いをしてみる
上とは逆パターン。一度断らせることで相手に罪悪感を感じさせて同情を狙うというものです。

4.どっち?と選ばせる
試乗会来ない?と誘うより土曜と日曜どっちがいい?と誘うなどですね。奥田さんが言っていたやつです。使い時が大事とのこと。

5.相手の偏見を知る
ボート部に対する偏見なんていっぱいあります。できるだけ自分たちがどう思われているか把握して相手の不安を取り除いてあげると勧誘もうまく行くと思います。

6.ソースを伝える
情報の出所が不確定だとその情報って正しいのか不安になります。〇〇さんもそうだよ。〇〇さんが言ってた。など信頼できる人物や団体の名前などを言ってあげると信頼度合いもますでしょう。

7.メリットをあげるときは確実なもの
100パーセント10万手に入る
10パーセントで100万手に入る
この二つだと圧倒的に前者を選ぶ人の方が多いです。なるべく確実に手に入るメリットを宣伝してあげると効果が出ると思います。

8.デメリットをあげるときは万が一のこと
上とは逆です。自分には関係ないようなリスクをあげてあげると相手は安心します。デメリットを聞かれたときにうまく対応したいですね。

9.今だけ限定!今だけ特別!
これは超有名。ボートに乗れるのなんで今だけしかない!とか、新歓期限定で〇〇とかですね

10.重要なことはあえてトーンを下げたり真顔で
勧誘にも緩急が大切らしいです。やりすぎるとわざとらしくなるから注意が必要かも。

11.私もそうでした。
共感することでこの人は勧誘する側ではない、同じ立場だと仲間意識のようなものをもたせて安心してもらえます。

などなど…
あげればきりがないですね。これ全部やろうとすると使いこなせないし、わけがわからなくなってしまうと思うので頭の片隅にでも置いといてください。

色々テクニックはありますが、ゲストスピーカーの方々が口を揃えておっしゃっていたのは「笑顔で、自然体で話すこと、相手の身になって話すこと」です。

なんだかんだ多分これが一番大事。

まだまだ新歓始まったばかり。イベントもこれからたくさんあるのでみんなで一丸となって元気に勧誘頑張りましょう!!


2017/04/05 (水) 15:30 | -
trackbacks(0) | comments(0)
同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック