艇庫ブログ

こんばんは。
1年コックスの濱田です。


本日は昭和54年入学の熊谷正浩さんの元に喜多(3年),皆川(1年),根本(1年),濱田(1年)の4人がお伺いしました。

左から根本、喜多、熊谷さん、皆川、濱田
国分町にあるおしゃれな鍋やさんでご馳走になりました。
とても美味しくいただきました。ありがとうございます。

熊谷さんからは熊谷さんが現役の時の活動のことだったり、今の部活の話とかを深く話していただき、とても有意義な時間を過ごすことができました。
個人的には今も年一回は同期で集まっているというのを聞いてとてもいいなと思い、僕らもそんな同期になりたいなあと強く思いました。


今回改めて僕たちボート部はたくさんのOBの方々に支えられ応援してもらっているのだなあと思い、これからますます頑張ろうと思えました。

本日はお招きいただき本当にありがとうございました。
今後とも東北大学漕艇部をよろしくお願いいたします。



1年コックス 濱田里久

こんばんは。

1年マネージャーの手島康汰です。

 

 

本日は昭和30年入学の関信男さんのもとに、

石井(2年)、加藤(2年)、手島(1年)の3人がお伺いいたしました。

左から、石井、加藤、手島、そして関さん

 

国分町にある、落ち着いた雰囲気の「一ノ木」というお店で、

豚しゃぶのコースをごちそうになりました。

豚しゃぶのみならず、お刺身や焼き魚など、さまざまなお料理を

いただきました。とてもおいしかったです!

 

関さんは、東北大学工学部建築学科を卒業され、現在は、株式会社 関・空間設計

の取締役会長をされております。

 

ご存知の方も多いと思いますが、釜房艇庫の設計をしてくださったのは関さんです。

 

今回お話を伺って知ったのですが、皆さんご存知の仙台AER、

さらには東北大学川内北キャンパスのマルチメディア教育研究棟

も関さんの会社が設計されたのだそうです。

こんなにも身近な建物を、私ども漕艇部のOBの方が設計されたと聞き、驚きました!

 

席上では、関さんの高校、大学時代のエピソードを聞かせていただきました。

関さんは、学生時代、講義に関係あるなしにかかわらず、疑問に思ったことはなんでも

教授のもとに質問にいかれたそうです。

何度も質問に通ううちに、教授とも仲が深まり、交流は今でも続いているとのことでした。

そういった積極的な姿勢を見習っていきたいですね。

 

また、東北大学が惜しくもモントリオールオリンピック出場を逃した経緯や、

漕艇部の世界選手権出場にまつわるお話など、東北大学漕艇部について、

幅広くお話いただきました。

 

私にとって一番印象に残ったのは、よい結果を残すためには、漕手のみならず、

マネージャーの努力も欠かせないとおっしゃったことです。

先輩マネージャーのエピソードも交えつつ、お話いただきました。

 

私はまだまだ力不足ですが、それでもマネージャーとして自分ができることを

精一杯やっていきます。

 

 

 

今回の関さんとのお食事を通じて、私たちが漕艇部員としてこのように充実した活動が行えるのも、

支えてくださるOBをはじめとするの皆様のおかげであると改めて痛感いたしました。

 

今後も、支えてくださる皆様への感謝の気持ちを忘れずに、活動に励んでまいります。

 

本日はお招きいただき、誠にありがとうございました。

今後とも、東北大学漕艇部をよろしくお願いいたします。

 

 

 

1年マネージャー 手島康汰

 

 

 

 

 

こんばんは。
一年目漕手の南波那弥です。

本日はS35年入学の仁田前会長のもとに、松林(4)、小湊(3)、福岡(3)、松田(3)、佐藤舟(1)、田口大(1)、田中(1)、南波(1)の7人で伺いました。
場所は泰陽楼東三店で、ボリューム満点の中華料理をご馳走になりました。


左から松林(4)、田中(1)、南波(1)、福岡(3)、仁田前会長、佐藤舟(1)、田口大(1)、小湊(3)、松田(3)

初めてのOB訪問ということで緊張しましたが、最初に私たちの自己紹介を行った後、仁田前会長の質問をベースに科学的な議論を交わしました。
なかでも印象的だった言葉は「科学者はありえないものを実現させるのだから、原発事故のような、予想外だったなんてのは許されない」というものでした。
科学者として多くのことを成し遂げられた仁田前会長の言葉だからこそ、とても重みを感じました。

科学の話のつながりとして、東北大学漕艇部にもっと科学を導入して、漕ぎの動きを数値化し、目標設定を明確にさせて、モチベーションを保つなどの考えを教えてくださいました。
東北大学漕艇部が他大に大して秀でているのは頭だということで、もっと頭を使って楽しく漕いでほしいと仰っていました。


ただただ漕ぐのではなく、どこをどうしようなどと、頭を使って試行錯誤した結果、成長できるように頑張っていこうと思いました。


本日はお忙しいなか、私たちにこのような機会を設けていただき、誠にありがとうございました。


今後とも、我々東北大学漕艇部の応援を宜しくお願いします!

こんばんは。

財務の夏目泰輔です。

先週の木曜日12月15日に在仙OB訪問として、柴生田先生の奥様である敦子様のご協力のもと、夏目(3)、荻野(2)、打越(1)の3人でご自宅に伺いました。ご報告が遅れてしまい申し訳ありません。

 

当日はクリスマスが近いという事で、敦子様手作りのローストチキンやカキフライ、ミートローフ、パエリアや、冬至が近いという事もあり、かぼちゃの入ったサラダなどもご馳走になりました。最後にはケーキも頂きました。全てのお料理がとても美味しく3人大満足でした。アットホームな雰囲気で身も心も温まりました。本当に感謝致します。

 

食事を頂いている際、敦子様の娘様とお孫様とご一緒させていただきました。娘様とお孫様は弦楽器をなさっているそうで、華やかな雰囲気を感じました。

昔は柴生田先生のお宅へ偉大な先輩方が毎日のようにお世話になっていたことを伺い、柴生田先生のご家族の方々の支えにより、漕艇部がこのように活動させて頂いている事を感じずにはいられませんでした。現在の図南会の重役をされている方々の学生時代のお話をたくさん伺うことが出来、刺激を受けると共に、充実した時間を過ごさせていただきました。

また、今回写真を撮り忘れてしまいました。柴生田家の暖かい雰囲気をお伝えすることが出来ず、申し訳ありません。

 

東北大学の漕艇部ほど歴史が長く、たくさんのOB・OGや関係者の方々に支えられている団体は限りなく少ないと思います。

伝統ある漕艇部に身を置かせて頂いている事に誇りを感じると共に責任も感じます。

 

東北大学漕艇部は今日から戸田にて冬合宿が始まりました。冬に漕げる貴重な機会なので、技術、体力共に伸ばそうと沢山漕ぎこんでいます。31日まで合宿を行っているので、機会が有りましたら、足を運んでいただけたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

これからも東北大学漕艇部の応援を宜しくお願い致します。

 

東北大学漕艇部

財務 夏目泰輔

 

| 1/1PAGES |