艇庫ブログ

こんにちは。

ご無沙汰しております。多賀晃也です。

二か月ほど前にNZでの生活の後半を書くと言いましたが、、、

すみません。就活で忙しいのでもう少し待ってください。

 

今回はさっくりとした内容でご容赦ください。

 

 

 

最近、就活(去年の先輩ほど頑張ってはいませんが)と学業(去年の先輩の5億倍頑張っています)と練習で大変なわけですわ。(新勧にあまり出られずすみません。その分新歓コンパ盛り上げます)

 

面接するとメンタル的に疲れますよね(「あなたを動物に例えると何ですか?」「マムシです」というくらいに緊張しているので当然です)

 

んで精神的に疲れたまま練習に行くのシンドイなーというのが最近の悩みです。

 

 

新幹線で東京へ向かう車中、私はふと今までの人生に想いを馳せました(急にどうした?)

「オレってキツイ時に気合いで何とかするのは得意だけど、楽しく頑張るのは苦手だな」と

 

特に浪人中は自分より成績が良い、自分よりも頭の良い高校出身の人が休憩を取りに行くのを見て「ヨッシャァァァァァァァァチャンスだああああ」とか思ってひたすら予備校が閉まるまで気合いで勉強してました。

その一部の人達は、「勉強って楽しくね?」とか言ってて「ハイハイその勉強量じゃそうも思うよねー」とか思ってました。

結果、東大模試で私の数学の偏差値は25上がりました(現役時27.2

それでも、適度に息抜きをして、楽しそうに勉強していた人には勝てませんでした(同じクラスの大抵の奴は追い抜きましたがね!!!)

 

浪人してそこそこの結果を得たけれど最高の目標は達成できなかった

⇒ボート部入って今度こそ最高の結果を!!!

とか思っていたけれど、ボート部でもまた同じことをしてしまったなと思いました。

 

ボート部は苦しい場所かもしれない。現にオレの同期も半分近く辞めて行った。

ボート部に4年いれるだけでスゴイとか言う人もいるが、その「スゴイ人」達の中では、気合いだけじゃ勝てないんだろう。

ボート部に入って良かったとは思っている。東北大の部活でボートより頑張っている部活はないと自信を持って言える。

でも、耐えるだけじゃ勝てないし辛いし上手くならない。

NZでボートを楽しそうに漕いでいる選手ほど上手かった。

楽しいってのは、楽な練習をするってことじゃなくて、自分が上手くなることや、ボートが速く進む感覚を楽しむってことだろう。オレの3年間は耐える時間の方が長かったのかなって思います。

 

 

新入部員へ。

ボート部の仲間は最高に楽しい奴らです。日々の生活は良くも悪くもクレイジーです。エルゴは最初は楽しいがそのうち鬼畜マシーンとなります。それでも、毎日を「楽しく」過ごしてください。耐えていたら「そこそこの結果」しか得れません。何もかもが楽しく感じる新トレ期の気持ちを忘れず、4年間を全力で楽しんでください。

 



2017/04/28 (金) 12:06 | -
trackbacks(0) | comments(0)

 

こんばんは。新人トレーナーの岩佐です。

これから艇庫ブログで新トレの様子を週1くらいでお伝えしていこうと思います。

 

さて、昨日で新歓イベントがひと段落したので今日は八幡コミュニティセンターで顔合わせをしてきました!

写真を撮るの忘れないようにしなくちゃ、と言いながら結局忘れてしまい移動前のこの一枚しかないです…。

すみません(;_;)

 

それぞれ自己紹介をし、抱負を語ってくれました。

みんなの自己紹介を聞きながら名前を覚えることを放棄して

去年抱負なんて言ったかなとか、去年はまさか1年後に自分が新トレになるなんて想像もしてなかったなあ…

と思っていました。

去年の抱負は全力で頑張る、とかだったと思います。

だから私に教えられることはほとんどないかもしれませんが、

数ある部活やサークルの中からボート部を選択してくれた新入生に新トレ期間を、ボートを楽しんでもらえるよう

精一杯頑張ろうと思います。

 

まずは名前を覚えるところからですね!笑

明後日から練習スタートしていきます。

写真を忘れないようにたくさん撮ってお伝えしていくのでお楽しみに!

 

 

では、第一回報告はこの辺で…

 

 



2017/04/26 (水) 21:36 | -
trackbacks(0) | comments(1)

こんにちは、三年の大畑です。遅れながら更新いたします。


新勧が終わりました。


ホーネッツとかと比べると人数は寂しい気もしますが新人トレーニングは密度の濃い充実したものになると思うのでこれはこれでいいと思います。


~1年生へ~

入部、感謝します。回りにフリーな友達いたら誘ってみて。まだまだウェルカムよ!


東北大学ボート部に関わっている人はなにかしら悩んでいます。つらくなったら相談しなさい。同じ悩みを抱えたことのある人は君だけじゃない、必ずプラスの方向へシフトすると思います。

仲間を大事に充実した時間をこの場所で!



2017/04/26 (水) 13:41 | -
trackbacks(0) | comments(0)
お疲れ様です。4年生漕手の小湊です。


春なので同期の喜多について書きたいところですが、新勧と彼の就活(ストーカー)に悪影響が出そうなのでまだやめます。


早いものでもう4年生となり、単位プアの僕にとっては魔の7セメがやって来ました。一週間でどの学年とも複数回同じ授業があるという厳つい時間割のもと、山と麓と湖を慌ただしく移動する日々を送っています。何故か財布もなくしました。キツイです。


さて、新勧をしていると部活と勉強の両立に不安を持っている新入生がいます。巷では「ボート部はヤバい。単位を落とす。」という噂もあるようで、ザワザワしている人も多いかと思います。しかし、そんなことはありません。賎民の私が言っても説得力はゼロですが、ボート部と勉強の両立は十分可能です。別に新勧期間だから言ってる訳ではありません。実際にそれを証明するような成績をとっている部員もいますしね。僕は違いますけど。


そもそも「不安だからやらない」というのはとても保守的な選択ではないでしょうか。実際にどうかはやってみなければ分からないじゃないですか。別にその人がやりたいことはいろいろあって良いし、何か一つに打ち込むことが必ずしも正しい訳ではないかも知れませんが、新入生にはそんなことで自分の可能性を狭めないでほしいですねー。


これは持論ですが、単位を落とす人というのは、入学した時からその胚珠を抱えているような気がします。結局はその人次第ってことですね。むしろそっち(胚珠)側の人は部活に入った方が良いんじゃないですかね。規則正しい生活もできますし。適当ですけど。まぁ新勧期間もあとわずかなので、迷っているなら積極的な選択をしてほしいという話です。ちなみに僕の胚珠は2セメに種子をつけました。


あとは余談です。 個人的なことですが、昨日は理化学研究所の一般公開に行って来ました。知識はなくとも興味はそれなりにある僕にとっては、理系のディズニーランドみたいな空間でした(言っちゃえば)。たまにはこういうのもいいですねー。RIファクトリーが見れてテンションがやや上がりました。しかも戸田艇庫から8kmくらいの距離にあるんですよ。興味ある方は春合宿中のフライにでも行ってみてはいかがでしょうか。


こんなところですかね。読み返してみるとまとまりがなく、とても読みにくい文章になりましたが、いろいろ書けたので終わります。


次は最近、洗濯機を先に回されがちな大畑です。


2017/04/23 (日) 20:30 | -
trackbacks(0) | comments(0)
暖かくなってきた今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


こんにちは、2年漕手の根本直人です。


ブログって書く前はあんなこと書こう、こんなこと書くぞ、て色々思いつくような感じなのですが、いざ書くとなるとちょっと緊張しちゃって何書けばいいのかわからなくなっちゃいますよね〜











あるある〜〜










ということで、もはや定番ネタと化した同期紹介をバッコリしていこうと思います。。。もっとアニメの主人公みたいに、なんかこう色々起これば面白い記事がかけるんですかね‥





南波 那弥(ナンバ トモヤ)

みんなには、なんば、ともや、帝王、なんとも、カイザー、などと呼ばれている。北海道の留萌高校を牛耳っていた過去があり、留高の帝王と呼ばれていた。基本そこそこテンションが高く、当たりが強かったり、エグいイジリをしたりするが、おとなしい時は子犬の如く静かになる。大好き!!と言った人間に、次の日、マジで無理だわ嫌いだわ、と言ったりするメンヘラ入ってるかもしれない系男子。とにかく運動能力が高い。高校時代にある女の子のことが好きすぎて、程よくキモい行動をしていた(詳しくは彼に聞こう!)。まあ、なんだかんだあるけど、いい奴なので新入生はもちろん、先輩ももっと彼と話してみてください!!!




小貫 朝玲(オヌキ トモノリ)





みんなには、おぬき、ぬきおくん、ともちゃん、おぬとも、ぬっきー、などと呼ばれている。高校時代からボートをしていたボートエリート。ボートに対する熱意は誰よりも強い。その反面、単位や授業に対する執着はあまりなく、はたから見てヤバくね?と思うことがあってもいつもポーカーフェイスで、凛とした立ち振る舞いを忘れない男。笑い方が面白い。彼を笑わせるとみんなも笑顔になれるので、とてもハッピーな感じになる。恋愛に関しては、あまり人に相談せず、水面下でこっそり動く系男子。意外とコミュ力が高く、新歓ではダークホースとして活躍していた。高校時代のボート部の仲間たちが知らぬ間にスキーに行っていたことをTwitterで知らされたときは、ガン萎えしていた。ガン萎えしている小貫くんを見ているのは面白かった。



どちらも個性豊かで話してて飽きない人達なので、暇なとき、あるいは誰かと話したいとき、はたまた人の温もりに触れたいときなど、話してみるといいと思います。



ブログってこんな感じでいいんでしたっけ‥




まあいいか!


2017/04/21 (金) 20:54 | -
trackbacks(0) | comments(0)

「充実した学生生活」とは一体何なのだろう。

いまの時期は新歓で各所から聞こえてくる。今日の講義でも教授がこのフレーズで自分の研究室に勧誘していた。

 

 

東北大学漕艇部に入ったら充実した学生生活を送ることができる

とは私は断言できない。

 

 

しかし私から確実に言えることは、入れば人生が大きく変わる ということだろう。

 

しかも、ただのボート部でもなく漕艇部でもなく、

「東北大学漕艇部」に入るからこそ変わるものがあると思う。

 

 

どの部活やサークルでも、もちろん大学での勉強でもバイトでも、そこでしかできない経験はある。

しかし人生が大きく変わるほどの経験はなかなか出会えるものではない。

そしてこの部活の場合、長い人生の中で学生のいましかできない。

 

そんな環境がこの部活にはある。それを活かすも殺すも自分次第。

 

大多数の人が偶然にも東北大学に入学し、偶然にも東北大学漕艇部と出会ったはずだ。

自分自身のためにこのチャンスをどう利用するか、よく考えるべきだと思う。

 

 

 

短いですが、新歓が終わったらまた書きます。

 

 

 



2017/04/19 (水) 21:41 | -
trackbacks(0) | comments(1)
おばんです。
3年漕手の加部です。

軽量級も近づいてきたのでなしフォアに乗れるように頑張らねば…

春合宿でシンコビッチ兄弟のダブルのブレードワークの動画を見たのですが、その時自分のやってる事はまだまだお遊びみたいなもんだな、と思いました。衝撃でした。
それと同時に、極めたらここまで行けるのか、とも思いました。
最近は少しでもあのブレードワークに近づけるようにと思いながら練習してます。

動画のURLはちょっと分かりません…
誰かコメント欄にでも載せてくれると良いかな

短いですが今回の記事はこの辺で。


2017/04/11 (火) 18:21 | -
trackbacks(0) | comments(0)
艇庫ブログをご覧の皆様こんにちは。新三年生漕手の荻野です。


今日は入学式! ということで本格的に新歓が始まりました。


僕は超絶怒涛のコミュ症ボーイなので2年目の新歓でも緊張しちゃいますねー。


そういえば、去年マーケティング営業という授業をとっていました。保険会社のトップセールスマンが営業の秘訣を伝授するみたいな授業で面白かったです。


新歓でも使えそうなことを話してくれていたのでちょっとまとめてみたいと思います。


1.みんなやってるよ!
これは昔から言われているテクニックですね。自分だけじゃないと思わせるだけでだいぶ不安が減るものです。

2.小さなイエスを積み重ねて目的のイエスを導く
これも有名なテクニックらしいです。何度も承認させることで断りにくくなったり、この人とは相性が合うなと思わせることができます。

3.断られた後に本命のお願いをしてみる
上とは逆パターン。一度断らせることで相手に罪悪感を感じさせて同情を狙うというものです。

4.どっち?と選ばせる
試乗会来ない?と誘うより土曜と日曜どっちがいい?と誘うなどですね。奥田さんが言っていたやつです。使い時が大事とのこと。

5.相手の偏見を知る
ボート部に対する偏見なんていっぱいあります。できるだけ自分たちがどう思われているか把握して相手の不安を取り除いてあげると勧誘もうまく行くと思います。

6.ソースを伝える
情報の出所が不確定だとその情報って正しいのか不安になります。〇〇さんもそうだよ。〇〇さんが言ってた。など信頼できる人物や団体の名前などを言ってあげると信頼度合いもますでしょう。

7.メリットをあげるときは確実なもの
100パーセント10万手に入る
10パーセントで100万手に入る
この二つだと圧倒的に前者を選ぶ人の方が多いです。なるべく確実に手に入るメリットを宣伝してあげると効果が出ると思います。

8.デメリットをあげるときは万が一のこと
上とは逆です。自分には関係ないようなリスクをあげてあげると相手は安心します。デメリットを聞かれたときにうまく対応したいですね。

9.今だけ限定!今だけ特別!
これは超有名。ボートに乗れるのなんで今だけしかない!とか、新歓期限定で〇〇とかですね

10.重要なことはあえてトーンを下げたり真顔で
勧誘にも緩急が大切らしいです。やりすぎるとわざとらしくなるから注意が必要かも。

11.私もそうでした。
共感することでこの人は勧誘する側ではない、同じ立場だと仲間意識のようなものをもたせて安心してもらえます。

などなど…
あげればきりがないですね。これ全部やろうとすると使いこなせないし、わけがわからなくなってしまうと思うので頭の片隅にでも置いといてください。

色々テクニックはありますが、ゲストスピーカーの方々が口を揃えておっしゃっていたのは「笑顔で、自然体で話すこと、相手の身になって話すこと」です。

なんだかんだ多分これが一番大事。

まだまだ新歓始まったばかり。イベントもこれからたくさんあるのでみんなで一丸となって元気に勧誘頑張りましょう!!


2017/04/05 (水) 15:30 | -
trackbacks(0) | comments(0)



こんにちは、喜多です。


新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。そしてブログみてくれてありがとうございます。 さてと、勉強とは別に皆さんは大学で何をします?
飲み会、旅行、美味しいもの巡り、 いいね!! 食べ物でいうならね、仙台には牛タン、三角揚げ、牡蠣、海鮮と陸から海へと色んな美味しいものがいっぱいありますね しかも安くて美味しい居酒屋も結構ありますしね。

ですが、物を食べる為には物を買う必要がありますね、当然。 買う為にはお金が必要ですよね。 お金、美味しいものほどこれの求めるものが高いというものです。

とある大学生の生活です。

あっ食パンって、売ってるやつじゃあないよ


これ、小麦粉と水で練ったものを炊飯器で炊いたやつ。これを作ると学食のライスミニ(54円)を買うのと比べてなんと44円も浮く。これは1日あたり132円も浮くことになる。1か月に換算するとなんと約4000円だ。これはあくまで主食の話だ。長くなるから、写真とか載せないけど、大学生の平均生活費を2万下回っている現状がある。(2017年1月調べによる)。あとこれ発酵させていないから正確には「パン」じゃあないよ。

お金のなる木なんてものはないです。 そんなこと漫画の中の漫画

じゃあ働くしかねぇぺっちゃぁ
とりあえず大学生は最低限文化的な生活を行うか、仙台のブラックバイト環境でこき使われるしか、贅沢なことができないんだとする
でも一体全体、「何もないところからお金を作れない」って証明した? 偉人がある名言を残しました


他人のお金で焼肉を食べたい


素晴らしい限りです。

新歓期間はなんか奢ってくださる方がいっぱいいます。なんて優しいんだ。俺が一年生の頃1か月間で浮いたお金で、さっきの小麦粉の塊(パンと呼べ)が200個も出来ちゃったよ

新入生の皆さん、4月の一カ月間だけですよ、チャンスは今ですよ

あっ東北大学ボート部の釜房試乗会っていうイベントだとカレー食べられるよ


2017/04/03 (月) 22:10 | -
trackbacks(0) | comments(0)
お疲れ様です。四年生の松田です。

早いもので(おそらく)最後の春合宿が終わりました。
こうして一つ一つが最後の経験になると思うと感慨深いものがあります。


さて、4月からは新歓ですね。
春季先輩訪問に訪れた際に「今は漕手の人数少ないんだね」とおっしゃられたのが印象的でした。少数精鋭という言葉もありますが、やはり強いチームを作る上で人数が多いことは競争も生まれよいことだと思います。何より同期が多いほうが楽しいので新一年生が頑張っていけるようみんなでたくさん入部させたいですね。

戸田艇庫に置いてある「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」に新歓に使えそうなことが書いてあったので紹介します。

ある少年に家のペンキを塗ってほしいと頼んだのですが、その少年は面倒だから嫌だと断りました。
しかし、次に、自分が楽しそうにペンキを塗っていると少年は自分からペンキを塗らせてくれないかと言ってきたのです。さらに、その申し出を断ると少年はますますペンキを塗りたくなったそうです。
何が言いたいかというと、人はまわりが楽しそうにやっていることや禁止されていることに魅力を感じるということです。例えば、試乗会のときなどは待機してる新入生に試乗してる新入生の楽しそうな姿を見せると効果的かもしれません。普段はやってないけど、今日は君達のために特別にこれをやってあげよう!などと言うのもよいと思います。


スケジュールがタイトになる新歓時期ですが練習も新歓も頑張っていきましょう!


2017/04/01 (土) 21:03 | -
trackbacks(0) | comments(0)
| 1/95PAGES | >>